太子講

聖徳太子を職能神として信仰する同業の職人たちが集まって、太子祀り、飲食、会合などを行う。

太子講は大工や桶屋、畳屋などの職人の間で行われる行事です。旧暦1月21日か22日に聖徳太子をお祀りします。その他にも全国的には、下駄屋、指物師、曲げ物し、木型屋

左官、瓦屋、屋根ふき屋、建具屋、井戸屋、杣工、樵、鍛冶屋、石工などの職人が太子講を行います。

職人の中では、仕事始めに、安全祈願した大切な日でした。

カテゴリーの記事